バーチャルオフィスを知ろう!

バーチャルオフィスのメリットとデメリット

バーチャルオフィスのメリットとデメリット バーチャルオフィスとは起業するときに必要な住所や電話番号などをレンタルできるサービスです。
近年でも利用する人が増えていますが、利用するにあたってメリットとデメリットの両方を知る必要があります。
メリットは主に2つです。
1つ目はコストが抑えられるということです。
バーチャルオフィスはレンタルオフィスと違って業務スペースがないので、保証金や敷金のコストが抑えられます。
2つ目は都心の一等地に住所を置けるということです。
一等地にあるだけでも印象が変わり、会社の信用度につながることもあります。
対してデメリットは主に3つです。
1つ目は法人銀行口座の開設が難しくなるということです。
法人口座がないと取引ができない企業も多いため、バーチャルオフィスを利用する際にまず考えるべき点です。
2つ目は他の会社と住所が重複するかもしれないということです。
バーチャルオフィスは複数の会社が利用しているため、住所で検索すると他の会社がヒットする可能性があります。
3つ目はあまりいい印象を持たない人も多いということです。
実際振り込め詐欺などで利用されるケースが多く、その悪い印象がビジネスに影響を与える可能性もあります。

起業家たちのためのバーチャルオフィス

起業家たちのためのバーチャルオフィス 日本は諸外国に比べて新しい新興企業が育ちにくい土壌であると言われています。
しかし、そのような環境の中でも自分の実力と能力を信じて起業する起業家がいらっしゃいますが、まず起業家に立ちはだかるのはオフィスの設立をどうするかです。
日本においては会社の多くが東京など首都圏に集まっていますので、会社を設立する上ではやはり多彩な企業が集まっていて、商業チャンスの多い首都圏に会社を登記したいと考える起業家が多いものです。
しかし、企業が集まっているということは不動産単価も高く、創業したばかりの会社がオフィスを構えるのは難しいケースが多いのも現実です。
そこで、バーチャルオフィスを活用し、東京に会社の住所を持たせることが出来ます。
バーチャルオフィスは実際のオフィスと違い、実際のオフィスとは異なりますが、住所を置くことが出来たり、電話転送サービスや郵便の転送サービスなどを行ってくれる場合もありますので、起業家にとって、事業の創業期には利用する価値があります。