名刺にどの住所を書くべき?

名刺にどの住所を書くべき?

名刺にどの住所を書くべき? バーチャルオフィスのサービスを利用している場合、名刺に会社の所在地を入れるのに借りている住所をそのまま記載して良いのか迷う方もいると言われています。バーチャルオフィスの住所は一等地であることが多く、相手側にも好印象を与えられます。法人の登記で所在地を記載できるバーチャルオフィスがほとんどですので、名刺にそのまま会社の住所として記載しても構いません。ただし、サービスを提供する業者の中には登記が認められない所もあります。事前に確認しましょう。実際は自宅等を仕事場としている場合でも、自宅の場所を名刺に入れる必要がありません。私的な空間とビジネスの場を分けやすくなるでしょう。
顧客や取引先が来社するのが予想される場合は、応対ができる受付や会議室の使用可能としているバーチャルオフィスを選ぶといいでしょう。会社宛の書類や荷物を送付してもらう場合も郵送物や荷物の預かりサービスがある業者であれば、送付先の住所として指定することもできるので安心です。

バーチャルオフィスの運営は難しい?

バーチャルオフィスの運営は難しい? バーチャルオフィスは住所や電話番号を必要に応じてレンタルして貰えるオフィスサービスです。所在地や電話番号などの情報を貸し出すだけなので運営が簡単などのイメージを持つ人も多いのではないでしょうか。情報を貸し出すだけであれば運営そのものはとても簡単に出来るかと思われますが、情報を悪用されるケースがあるため、対策を講じるなどが必須になって来ます。

バーチャルオフィスの中には設立登記でも利用可能な所が多くありますが、悪い事をするために会社を立ち上げるケースも多くなっていると言われています。特に、こうしたオフィスは都心の中でも一等地にあるため、設立が行われた会社は優良な企業などのイメージを客に植え付けてしまう、トラブルに巻き込まれる危険性もあるわけです。最近では厳しい審査を受けなければ利用出来ないケースも多くなっているなど、運営を行う時には悪い事に利用されないような対策を行う、トラブルに巻き込まれないようにしなければなりません。